忍者ブログ

お絵描きや育児のことなど、自己満足ブログです

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
いまなんじ?
カウンター
最新コメント
[04/23 アルバロ]
[07/12 アルバロ]
[03/12 らきそ]
[03/12 ケロケロ]
[03/12 あきち]
プロフィール
HN:
冴子
性別:
女性
趣味:
塗り絵
自己紹介:
 家族構成
 夫:D男
 長男:カズナ(2010.12.13生まれ)
 うさぎ:ゴロ(2009.6.4生まれ)
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

うつ伏せも平気になりました。
たぶんもうカズナを抱っこしても大丈夫。

傷がかゆい・・・。
治りかけの傷って、かゆいですよね。

退院にむけ、あとはひたすら体力をつけるだけです。

昨日、手術室の看護師さんが、術中・術後の話を聞きにみえました。
手術室は寒くなかったかとか、怖いこととかなかったかとか、テープなどで皮膚がかぶれたりしなかったかとか。

そこで、私は怖くて誰にも言えなかったことをうち明けました。


ここから先は、怖い話や痛い話が苦手な方は読むのをご遠慮くださいm(_ _)m


全身麻酔をかけ終わった後のことです。
私は不意に意識を取り戻しました。
「あれ、まだしっかり麻酔が効いてない」
そう思い、それを伝えるために目を開けようとしました。
しかし、開きません。
指先を動かそうとするけれど、ぴくりとも動かない。
周りの話し声が聞こえてきます。
どうやら、これからお腹を切るところのようです。
お腹を消毒する感覚がわかりました。
その瞬間、私はぞっとしました。
「麻酔が効いてないっ!」

ちょっと待って、私は起きてる!!
声を出そうとするけれど、体のどこも動かない。


「メス。」
先生の声が聞こえました。
その瞬間、私は絶望しました。

メスの刃先が皮膚にあたり、私のお腹を切りました。
じりじりとした激痛がはしりました。

その後私の意識は再び途切れます。

その後意識が戻ったのは、手術が終わり、抜管する前でした。

この抜管も苦しかった!

願わくば、離床がOKになるまで眠り続けていたかったです(これは無理)。

話し終わると、看護師さんは私が話した内容をしっかり用紙に書き、彼女が悪いわけでもないのに「ごめんね」と言いました。

多分まれなケースだと思います、だってそんな話聞いたことないもん。

それまで、私はそのことを思い出すのが怖くて誰にも話せませんでしたが、手術室の看護師さんに話したら、気持ちが楽になりました。

ああ、できればもう手術なんて受けたくないです(特に全身麻酔の)。


PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字