忍者ブログ

お絵描きや育児のことなど、自己満足ブログです

カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いまなんじ?
カウンター
最新コメント
[04/23 アルバロ]
[07/12 アルバロ]
[03/12 らきそ]
[03/12 ケロケロ]
[03/12 あきち]
プロフィール
HN:
冴子
性別:
女性
趣味:
塗り絵
自己紹介:
 家族構成
 夫:D男
 長男:カズナ(2010.12.13生まれ)
 うさぎ:ゴロ(2009.6.4生まれ)
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 明日から、1人育児休暇明けの人が病棟復帰する。

 でも、その人はすでに2人目を妊娠中だそうだ。
 なので働けるのは数ヶ月だけ。

 今日、病棟にあいさつに来ていたので、(出産)予定日はいつ?と聞いてみた。

 そしたら、私の出産予定日の翌日ですって!!

 ええーっ、うっそうそうそうそー!
 ひょっとしたら同じ日に産まれてしまうかも!?
 彼女も同じとこで産むのよ?

 えー、なになに、このすっごいプレッシャー!
 (注:何もプレッシャーに感じることはありません。)

 ・・・無駄にテンションが高くなった。

 ゆえにその人も妊娠5ヶ月ということね。
 もひとつ驚いたのが、お互いのお腹の大きさ。
 私はまだ今までのナース着を余裕で着てる。
 でもその人はもう妊婦用のものしか入らない。
 大きなお腹してた。

 同じ5ヶ月なのにこんなに違うのね。
 ふしぎだ。
 2人目だと大きくなりやすいのかしら。

 ひゃー。
 職場に同じ週数の妊婦さんがいるのって、なんか変に複雑な気分。
 はて、何故に?

PR

 仕事しないくせに偉そうな先輩看護師。
 
 その人達には強気に出れず、放置な師長。
 下っ端には強気に出てくるくせに、本当に使えない。

 ストレスがたまると、お腹がはるの。
 嫌なことがあった仕事の後はカチカチ。
 妊婦の体は不思議なり。
 もちろん、良くないことらしい。

 お酒も飲めず、どうストレスを発散させればよいのか・・・。
 
 安定期になったらどこか遠出をしてみようか・・・。
 リフレッシュしたい。

 看護師が足りてないことをいいことに、強気な全く使えない年配看護師。
 リストラしてほしい。
 一般企業だったら絶対リストラの対象だと思うんだけど。


 先日追加したらきそさんのブログ、ちゃんとバナーをリンクに貼りました。
 昨日は失礼しました、バナーがと思い込んでいました・・・^^;

 さて、来月の勤務表が出ました、おととい。

 そしたら・・・。
 過去最低夜勤回数、7回。
 途中リタイアされちゃかなわないと思ったのか師長・・・。

 新人が夜勤に入るため、この時期は夜勤回数が多くなるのが通例。
 新人が独り立ちするまでは誰かがダブりでつかなければならないからです。

 来月、多い人だと夜勤12回!!

 そんな中7回・・・。
 も、申し訳ない><

 もっと体調に自信がもてれば増やしてもらっていいんだけど・・・。
 実際この間の深夜勤は辛かった。

 ごめんなさい、甘えさせていただきます・・・。

 あと、来月に新人の歓迎会があるのだけど、正直、行きたくない。
 周りが飲んでるのに自分は飲めないのは苦痛だし、今回は医者数名と合同。
 苦痛・・・。

 なので、つわりを理由に欠席させてもらうことにしました^^;
 実際つわりも辛いし。
 今回歓迎会するお店、こてこての中華だもの、きついのも確かなのよ><

 子持ちの同僚に妊娠していた頃の話をよく聞くようになりました。
 色々アドバイスいただけるし、同じ境遇での妊娠中話には力づけられます。
 「うらやましい、今を楽しみな」と言われました。
 以外でびっくりしました。
 ただ辛いなあって思ってたから。

 さすが出産を経験した母は強いです。
 そうね、そんな心のゆとりを持たねばね。

 明日、日勤中に産婦人科を受診するつもりです。
 まず、どこで産むのか考えなきゃ。
 私は今のところ愛知の地元で産みたいなぁ。

 小児科の患者の名前を見る。
 最近は本当に多様性(使い方あってるか?)に富んだ名前が多いですね。
 るう、きらら、れいら、じゅきあ、こんなのは当たり前です。

 普段世代の離れたお年寄りと多く接する機会のある私達。

 お年寄りの名前の中には、興味深い、今の若い夫婦ですら思いつかないような驚かされるようなものが時々あります。
  そうですね、どちらかというと女性に多いです。

 今まで衝撃的だった名前を2例紹介します。
 
 1つ目は「こいし」さん。
 ひらがなで見るとあまり驚きはありません。
 「いとしこいし」の「こいし」かしらなんて最初私は思ったし。
 しかしその方のお名前は
 「小石」。
 親!なんで娘にそんな名前をつける!?
 その辺に落ちてた小石にもののあわれでも感じたか?
 疑問でいっぱいです。

 2つ目は「お蝶」さん。
 名前が「お蝶」。
 かっこよくないですか?
 すごくないですか?
 「蝶子」さんや、「てふ」と書いて「ちょう」さんは時々いらっしゃいますが、また「蝶」さんに対して「お蝶さん」と呼ぶことはあるでしょう。
 その方の名前はその名も「お蝶」。
 はじめてその名を見たとき、感動すら覚えたものです。

 
 もし私が子供を産んだら、どんな名前をつけるんだろう。
 色にちなんだ名前なんて素敵ね、などと考えることはあります。

 あくまで「子供ができれば」のお話だけどね。

 お仕事夜勤明けです、ただいま。

 昨夜入院してきた患者さん、今朝緊急opeになりました。
 大腸の病気です。

 主訴は「便秘」。

 皆さん、便秘をナメちゃいけないわよ?
 便秘で死んじゃった人を、私は何人も知っているもの。

 今日opeになった人は病気がもとで便秘になったみたいだけど、中には純粋に便秘だけが原因で亡くなった働き盛りの40代の女性だっていたわ。

 気をつけてね。